RSSheadline

機能・特徴

Features - BiSmart Sync

クラウド型スマートフォンデータベースツール

Business to Smart

ビジネスに特化したスマートフォンアプリケーションが少ない中、簡単に文字・画像・リンク情報などを登録できるツールです。電子カタログとしての基本機能の他に、内蔵カメラ機能を使い直接DBに写真を取り込む機能、GPSとの連携機能などスマートフォンならではの機能を備え、製品情報、不動産情報、災害情報など、その用途はコンシューマーからビジネスまで広がります。

情報を見やすく

情報の一覧画面では、ボタン一つでリスト形式もしくはグリッド形式に表示レイアウトの切り替えができます。関連情報の数、たくさんの情報を表示できるリスト形式、グリッド形式は情報に視覚的にアプローチすることが可能です。

詳細画面では内容、イメージ、地図、関連情報をタブボタンで切り替えることができます。直観的なインターフェースのため各情報に容易にアクセスできます。

たくさんの情報も、上手に整理整頓

カテゴリを作成して個別情報をまとめたり、お気に入りの情報にはしおり機能でピックアップしたり、たくさんの情報を上手に整理整頓ができます。また、カテゴリにはサムネイル画像が登録できるため、視覚的にも分かりやすくなります。

製品の種別ごとにカテゴリ分けをして製品カタログを作る、ジャンルや作家、出版日別にカテゴリを分けて蔵書を管理する。より効率的な情報整理であなただけの使い方を見つけてください。

写真を撮って、そのまま登録

その場で撮った写真を簡単に登録できます。端末内蔵のカメラ機能と連動して、情報登録の際にそのままカメラを起動して写真を撮り、保存できます。

名刺を撮影して顧客リストを作ったり、観光地の写真とメモを集めたフォトアルバムや、コレクションの管理にも。カメラ機能を使えば、用途もさらに広がります。

※SDカードに保存している画像も登録することができます

位置情報を記録できます

端末内蔵のGPS機能と、Googleマップを連携して位置情報を記録することができます。地図情報としての利用はもちろん、写真と合わせて使用すれば、「その写真はどこで撮ったか」というのが分かります。

建物の外観や内観の写真と位置情報を合わせて、詳細な不動産物件の情報リストを作ったり、グルメナビとしてお店の場所を記録したり、観光地の場所を写真と一緒に記録したり。

クラウドサービスも使えば

BiSmart をクラウドサービスとともに使用すれば、その情報をいつも手元に置くことが
できます。情報をPCで編集しても、外出中に編集しても、デスクトップとモバイル端末を
ワイヤレスに同期させることができます。

いくつかの提案

情報を持ち歩く、全てをコンピュータやモバイル端末、そしてウェブを使って簡単に登録。
ビジネスで、行政・公共で、プライベートで、あらゆるシーンに利用できます。

活用例(電子製品カタログ)

工業・商業製品など多くの製品を電子製品カタログとして、効率良く管理できます。

活用例(情報を写真と地図付きで登録)

不動産の物件情報を写真と地図付きで登録。入居・退去時の物件の状態を画像で管理したり。

活用例(商品管理)

ハンディターミナル機能として、商品の販売・在庫状況を一括で管理。注文の受付や、棚卸、入出庫での商品管理など。

活用例(観光カタログ)

観光地の情報を登録、観光カタログとして体系的に分類し、自治体での観光PRの一環としても利用できます。

活用例(蔵書データベース)

ジャンルや作家、出版日別にカテゴリを分け、書物を登録、管理します。表紙を撮影すれば視覚的にも分かりやすい蔵書データベースができます。

活用例(連絡先・顧客リスト)

名刺のスナップ写真を撮って、連絡先・顧客リストを作成できます。簡単に保管でき、すばやくアクセスできます。

ご意見・ご感想もお待ちしております、お気軽にお問い合わせください